月照時へ

妻と二人で、月照時へ行きました。この月照時は松江藩の松平家の菩提寺だったところです。今は、紫陽花が咲きほこっているということで行きました。所狭しと咲いていて、近年「山陰の紫陽花寺」と言われているのがわかりました。紫陽花は土壌によって、花の色が違うそうですが、青や赤などいろいろ咲いていました。がく紫陽花もたくさんありました。紫陽花には雨が似合うと言われていますが、その時にも訪れたいと思いました。

画像
画像
画像
画像



この月照時には、紫陽花の他に有名なものがあります。
その一つが、松平治郷(不味公、松江藩主の中で一番有名な藩主)の廟門にある小林如泥作の透し彫刻です。この小林如泥は西の左甚五郎と言われた彫刻家です。 
画像


もう一つは、大亀です。小泉八雲の随筆に出てきます。頭をなでると長生きするそうです!?
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック