中国ブロックの制度研修会

画像

画像


制度研の中国ブロックの研究集会があり参加しました。
長野県の学校事務職員の方に「事務室だよりで学校づくり~みんなで、義務教育無償に近づきたい~」と題して話を聞きました。憲法では義務教育は無償であるとなっていますが、現実にはたくさんの保護者負担があります。なぜたくさんの保護者負担があるのか、一つには日本の教育費はGDP比3.6%でOECD諸国の平均5.4%を大きく下回っているということです。未来を担う子どもたちのためにもっと国はお金を支出すべきと思います。また、学校においても支出の中味を検討して見る必要もあると思います。併せて、今の日本では非正規職員の増加や医療や福祉の負担増などで保護者の生活も大変になっています。貧困と格差が拡がり、それが子どもたちの貧困につながってきています。私たちは子どもたちが経済的にも安心して学校で暮らせるよう願っていますが・・・。就学援助制度の周知、子ども保護者の実態、家庭からの納入金実態、などを事務室だよりを通して提起や実践をしておられる話しは興味深かったです。そして最後に話された、学校は地域・この国の未来をてらす灯台。みんなの子どもをみんなで育てる、みんなのお金で=公費で育てる。貧困は、子どもには何の責任もない、子どもの存在自体が希望であり未来。という言葉が印象的でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック