制度研ながの大会に参加して

画像

今年も制度研の全国大会に参加しました。今年は長野県の松本市で開催されました。今年も全国各地から参加者がありました。1年ぶりに顔を合わせる仲間もたくさんいました。松本市へは寝台列車で東京まで行き,それから新幹線と特急列車を乗り継いで行きました。
1日目は、神戸大学の二宮先生の「人生のしあわせをめざして~憲法と生きる学校を~」と題した講演を聞きました。グローバル競争国家化の動きに組み込まれた学校。社会の鏡の中にいる子ども。子どもの貧困の広がり。受験学力に一面化した教育競争第一の学校。そのような状況の中にいる子どもに対して、学校や地域が何をしなければいけないのかの話がありました。それは、学校を憲法の生きる社会にする。教育を受けつつ学ぶ場としての学校にする。学校を子どもと大人のコミュニティとして再生する。私たち学校事務職員として何ができるのか考えさせられました。
2日目は、「子どもの学習権と就・修学保障」「学校予算と教育費」「学校環境と施設づくり」「教職員の権利と学校事務」「学校づくりと子ども・地域」「学校事務職員制度のありかた」の6つの分科会にわかれて話し合いました。その話し合いの中に、「しあわせの土台づくりを学校で」を考えることにしています。難しい課題ですが、子どもたちがしあわせに学校で学習したり生活できることを考えなければいけないと思います。そのための土台として憲法の重要性が今大会の大きなテーマになりました。
3日目は、「医療現場から見える子どもの貧困「学びの保障で未来を開く」「みんなにやさしい学校づくり」の3つのテーマでの学習会でした。より幅広い知識を得ることになった学習でした。

画像

松本駅には歓迎の看板もできていました。

画像

この大会には、各地域からの壁新聞や参加者からの一枚レポートもあります。

画像

3.11の大震災・原発事故のパネル掲示もありました。決して忘れてはいけないことだし、二度と繰り返さないためにも大切な掲示でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック