制度研水上大会

画像


 今年の大会は群馬県の水上温泉で開催されました。“子ども発、子ども行き ~しあわせの土台づくりを学校で~ ”の大会テーマのもと、3日間語り合いました。
 1日目は、「子どもたちのしあわせを願って」というテーマでシンポジウムを行いました。元高校の教員の白鳥さんをコーディネーターに、子どもたちに暖かいまなざしを注ぐ保育士・子どもの発達を心にきざんで取り組み学校事務職員・学校のお金に悩みながら高校生活を送った若者の3人のパネラーの方のそれぞれの立場での発言がありました。子どもたちが生きづらくなっている中で、学校の役割が格差をなくし各個人が個性的に生きる道を保障することが大切だと思いました。
 2日目は、6つに分かれた分科会でした。私は「教職員の権利と学校事務」に参加しました。教職員が連携して生き生き働く事が子どもを守る事つながると語られました。
 3日目は、テーマ別学習会でした。今年は、「学校と学校事務職員」と「子どもの学習権を支える学校事務の役割(高校の場合)」の2つのテーマのもと学び合いました。
 その他、夜の交流会では、「今のフクシマの現状」「田中正造についての話」がありました。また、夕食交流会では、会員の方のマジックショー、各県交流などで飲み語らいました。
 

画像

各県から壁新聞を作って飾りました。参加者の投票で「みなかみ大賞」も決まりました。

画像

フクシマの子どもたちに贈るために、葉っぱの形のカードにメッセージを書きました。


今年も、3日間で全国の仲間と語り学び合いました。一人でも多くの学校事務職員が制度研を知り、参加してもらいたいと思いました。来年は広島で開催されます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック