読書してます16

画像


帯封の言葉を使って、最近読んだ本の紹介をします。

1.八月の六日間(北村 薫)
 先に進めず、迷っている道から、ちょっとずれてみる。そういうことの大切さを、山が教えてくれた。お疲れ気味 の心に、ホット栄養補給、しませんか。

2.あと少し、もう少し(瀬尾まい子)
 寄せ集めのメンバーと頼りない先生の元で、最後の駅伝に挑む中学生の夏を描く、みずみずしい青春小説。
 ゴールまであとすこし!

3.戌亥の追風(山本一力)
 町人の気概、武士の矜持、船番所に留め置かれた娘を救うべく、悪を許さない江戸の男達が動く。「手も触れ  たことがなくても、惚れた女のためなら、命がけになってこそ、男だ」

4.太陽の棘(原田マハ)
 私は、出会ってしまった。誇り高き画家たちと。太陽の、息子たちと。終戦直後の沖縄。ひとりの青年米軍医が 迷い込んだのは、光に満ちた若き画家たちの「美術の楽園」だった。

5.大関の消えた夏(須藤靖貴)
 綱取り目前の黒人大関、撃たれる!? 「待ったなし」のミステリー。

6.平凡(角田光代)
 あなたもきっと思いあたる、人生の「もし」を描く小説集。「もし、あの人と結婚していなければ」「別れていなけれ ば」「仕事を続けていれば」 私の人生ぜんぜん違ったんじゃないかな。

7.ゼツメツ少年(重松清)
 センセイ、僕たちを助けてください。小説家のもとに、少年からの謎の手紙が届く。「僕たちはゼツメツしてしまい ます」少年2人、少女1人、生き延びるための旅が始まる。

8.オール・ユー・ニード・イズ・ラブ(小路幸也)
 東京バンドワゴンシリーズ第9弾。老舗古書店〈バンドワゴン〉に舞い込む謎を、大家族堀田家があふれる人情 で解決する。愛こそ、すべて。

9.芸者でGO!(山本幸久)
 恋するゲイシャガール。東京八王子の置屋「夢民」に在籍する五人の芸者たち。彼女たちは人生の逆境を乗り 越えて、最高の芸を見せることができるのか。そしてままならぬ恋の行方は!?

10.小説外務省 尖閣問題の正体(孫崎享)
 日本の政治家・官僚は真の国益を考えているのだろうか。尖閣列島をめぐる日中の内幕を、実在の人物を数  多く登場させながら、これほど鮮明に分かりやすく読ませた本は、これまであったろうか。

11.2020年東京五輪の黒いカネ(一ノ宮美成)
 新国立競技場、臨海部開発、お台場カジノ、五輪バブル「20兆円」の強欲な支配者たち。首都の財政が2020 年五輪で破たんする。

12.辞書になった男(佐々木健一)
 ケンボー先生と山田先生。二人の編纂者の友情と別れ。国民的辞書に秘められた衝撃の実話。字引は小説よ り奇なり。

13.やくみつるの小言・大言(やくみつる)
 歴代首相もタジタジ、小言漫画でご時世を笑い飛ばそう!!

14.憲法読本第4版(杉原恭雄)
 「憲法がはっきりと認めていることがらについて、憲法がはっきりと認めている方法でしか、権力者は政治を行 うことができない」という立憲主義の解説から始まる、日本国憲法の定評ある入門書の最新版。

15.すっきり!わかる歴史認識の争点Q&A(歴史教育者協議会編)
 史実を押さえてモヤモヤ解消。南京虐殺はでっちあげ?「慰安婦」はどの国にもあった?大手をふるう歴史の  歪曲に、きっぱり反論できる論拠を1冊に。

16.日本は戦争をするのか(半田滋)
 自衛隊が暴走せず、むしろ自重しているように見えるのは、歴代の自民党政権が自衛隊の活動に憲法九条の タガをはめてきたからである。政府見解が変われば、自衛隊も変わる。

17.平安女子の楽しい!生活(川村裕子)
 おしゃれに恋バナ、占いや進路、平安時代の女子たちも、私たちと同じように、楽しみ。悩みながら活きていま した。そんな彼女たちの日々をのぞきつつ、古典を読むのに必要な用語等も学べます。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック