今年も参加しました教育財政シンポ

画像

画像


 第28回の教育財政シンポジウムが東洋大学で行われました。今年のテーマは「すべての子ども背年に希望ある未来を ~今こそ本物の“子ども貧困”対策を!」でした。パネラーの方からは、小学校の保健室から見える「子どもの貧困」の実態や定時制の高校生が大変な困難にも関わらず立ち上がって声を上げ行動している様子が語られました。
 また。高校授業料無料化が廃止され、困難な家庭ほど事務手続きが煩雑になるなど利用しづらい制度に改悪されている現状が明らかになりました。さらに、生活保護基準の引き下げが、経済的に困難な小中学校の子どもたちを対象に支給される準要保護制度の所得制限が引き下げられ、今まで認定されていた家庭の中に認定外になる家庭が多くなった。臨時で働いている教員のそれだけの給料だけでは生活できない実態等の報告もありました。
 日本では、昨年の6月に「子どもの貧困対策法」が成立し、今年8月にその大綱案が閣議決定されましたが、数値目標も示されないもので、過去最悪となった子どもの貧困率16.3%(2012年度)を改善するものになっていないことも明らかになってきました。
 最後に、今年のノーベル平和賞を受賞したマララさんは、「自分の経験を通じて、世界中の子どもたちに、権利のために立ち上がらないとダメだよと伝えたいです。」と語っています。これは、日本国憲法が「不断の努力」(憲法12条)によって、わたしたちや子どもたちの自由や権利を守っていくことを求めていることに繋がる言葉です。平和と教育は、一体不可分のものです。すべての子ども・青年に希望ある未来を保障するために、わたしたち大人の責任として、今こそ本物の「子どもの貧困」対策を実現していきましょうというアピールを採択しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック