読書しています41

画像



①日本人とドイツ人(雨宮紫苑)
「日本人とドイツ人は似ている」なんて大ウソ。安易に真似たら大変なことになるかも。26歳日本女性が綴る等身大の比較文化論。

②「改憲」の論点
「自衛隊明記」がまずい本当の理由、憲法改正でアメリカの言いなりになる?政治家主導の国民投票は民主的か・・・。木村草太、青井美帆、柳澤協二ほか8人が冷静かつ明快に解説。

③日本という国(小熊英二)
私たちはどこから来て、これからいったい、どこへ行くのか?私たちのあしもとを考えるうえで不可欠の、近現代史を平易にかつ、深く解説。 

④おカネの教室(高井浩章)
「この世の中には、お金を手に入れる方法が6つある」。中学2年生の僕が突然、奇妙なクラブに放り込まれた。そこでお金や経済の仕組みを学んでいく。

⑤わけあって絶滅しました(今泉忠明)
生き物が絶滅する確率は99.9%。その理由もさまざま。というわけで、絶滅した生き物たちに直接、ほろびた理由を聞いてみました。

⑥情報隠蔽国家(青木理)
首相や防衛省が「存在しない」とうそぶいた文書は「存在した」。そこには何が記され、何が不都合だから必死の隠蔽を図ったのか。文書の子細を読み解いていくと、問題の本質があらわに立ち上がってくる。それは、米国の意向に惨めなほど追随し、軍事的な一体化に進んでいく日米同盟の姿である。

⑦平城京(安部龍太郎)
新都「平城京」造営のリミットはわずか3年。遷都を巡る権力争い、反対派の妨害工作、阿部一族の復活・・・、
史上最大の国家プロジェクトを完遂できるのか。新都建造ミステリー。

⑧下町ロケット ゴースト(池井戸潤)
佃製作所の戦いが、宇宙から大地へ。農機具のトランスミッション参入によって、あらたな戦いの幕が上がる。そしてこの戦いは、続いていく。

⑨夢工場ラムレス(河邊徹)
「夢を修正することにより現実を変えられる」という力を持つ「夢工場ラムレス」。その夢工場を訪れた人たちが手に入れたものは?優しさ、後悔、欲望、希望を描く。

⑩未来職安(柞刈湯葉)
完全自動運転、警察ロボ、配達渡し鳥・・・いろんなことがオートの近未来。労働の必要はなく99%の消費者と1%の労働者。しかし職安の需要は健在。常識をくつがえす近未来お仕事小説。

⑪草薙の剣(橋本治)
なんで僕はこんなところにいるんだろう? 世代の異なる6人の男たちと彼らの祖父母まで遡るそれぞれの人生を振り返り、日本人の心の百年を描く。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック