読書しています53

IMG_5199.JPG



①あの日の交換日記(辻堂ゆめ)
さまざまな立場のふたりが紡ぐ七編の日記が謎を呼び、そしてある真相へ繋がっていく。大切な人のために綴った日記に秘められた真実とは。

②イエロー・サブマリン(小路幸也)
東京バンドワゴンシリーズ15弾。勘一の米寿、研人の新しい門出、それぞれが迎える出会いと別れ。温かな気持ちになれるシリーズ。

③スノードロップ(島田雅彦)
私は東京の空虚な中心に広がる森に住む憂いの皇后。クローゼットの中から、立憲民主国日本最後の良心を発動する。

④流浪の月(凪良ゆう)
本屋大賞受賞作。愛ではない。けれどそばにいたい。新しい人間関係への旅立ちを描く。「れでも文、わたしはあなたのそばにいたい。」

⑤さだの辞書(さだまさし)
ときに爆笑、ときに涙の三題噺。思い出話や今の関心、次世代への期待に、温かな人柄とユーモアが、紡ぐ言葉にセンスが光る。

⑥ひこばえ(重松清)
48年間の空白をのこし、父は独りで逝った。その足跡を私はいま、たどり直す。「ひこばえ」とは木の切り株から若い芽が生えてくること。

⑦発注いただきました!(朝井りょう)
有名企業からの原稿依頼に直木賞作家はどう応えるのか。無理難題が並ぶ発注書→本文→解説の順で20編を収録。

⑧統計学をめぐる散歩道(石黒真木夫)
天気予報や選挙の当選確率、テストの結果の偏差値を出すには、統計学が必要。私たちの暮らしで生きている統計の世界をのぞいてみる。

⑨世界経済図説(宮崎勇・田谷禎三)
新型コロナショックで激動する世界経済のファンダメンタルズは今後どうなるのか。見開きの本文と図で世界経済の輪郭を解説する。

⑩交通誘導員ヨレヨレ日記(柏耕一)
警備員自身が自嘲する交通誘導員の実態を、悲哀と笑いで描き出す。当年、本日も炎天下、朝っぱから、現場に立ちます。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント