東京&日光の旅Ⅲ

最終日は、浅草でやっている「平成中村座」の歌舞伎を見に行きました。歌舞伎を見るのは初めてで楽しみにしていました。平成中村座は18世中村勘三郎が立ち上げ、子どもの勘九郎、七之助が引き継いでいる歌舞伎です。この日は、「双蝶々曲輪日記~角力場~」「勧進帳」「魚屋宗五郎」の三つでした。勧進帳は安宅関で弁慶が義経を折檻する場面が有名で知っていましたが、その他は初めてでした。魚屋宗五郎が酒に酔っていくところが良かったです。出演も中村勘九郎、中村七之助、中村橋之助、中村獅童など豪華でした。席が狭くつらいところもありましたが、歌舞伎の言い回しとか、きらびやかな衣装などを見ることもできてまたみたいと思いました。

画像

画像


浅草は平日でも人がいっぱいでした。その中でも半分以上は外国人でした。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

かず
2015年04月28日 17:55
歌舞伎は私もいつか観てみたいと思っていました。いいなぁ、中村座。
楽しんでますね。うらやましいです。
オータム54
2015年04月29日 20:47
かずさんありがとうございます。
歌舞伎ファンの人はたくさんいるなと思いました。僕の隣に座っている人はかけ声をかけていたし、色々と隣の人に説明をしていました。今度は歌舞伎座へ行ってみようかと思います。
4月は個人的なことでバタバタしていましたが、5月からは少し夏に向けてがんばらねばと思います。

この記事へのトラックバック