民話を聞きに行きました

近くにあるかんべの里にある民話館へ娘と孫といきました。 はじめに、“芳一の部屋”で小泉八雲の「耳なし芳一」の話しを、立体映像で見ました。次に“語りの部屋”で語り部さんの「こぶとりじいさん」と「ごぼうと大根と人参が風呂に入る」話と韓国版「こぶとりじいさん」のスライドを見ました。入場者は私たちだけで貸しきりで聞くことができました。孫は語り部さんの質問に照れているのか答えられないないところもありましたが、真剣に聞いていました。


耳なし芳一の立体画像
画像


韓国版こぶとりじいさんのスライド
画像


民話館です
画像

画像


今日は旧暦の「重陽の節句」で、午前中にはそのイベントがあったそうです。重陽の節句は菊を用いて不老長寿を願うことから「菊の節句」といわれていて、菊が飾ってありました。
画像


自然に囲まれた風土記の里に“かんべの里”として民話館をはじめ、工芸体験や茶屋などがあります。
画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック